1/13

クリーニングクロス|ミクロディア エピクロス(日本製)35cm × 37cm

¥1,650 tax included

*Earliest delivery date is 5/22(Wed) (may require more days depending on delivery address).

Shipping fee is not included. More information.

Japan domestic shipping fees for purchases over ¥30,000 will be free.

ウクレレ用のクリーニングクロスといっても、安いものから高いものまでいろいろな商品が販売されています。どれを買えばいいのか迷ってしまいますよね。当店では毎日の乾拭き用クロスとしてこちらのミクロディア エピクロスのクリーニングクロスをおすすめしています。まずその理由を説明していきたいと思います。

まず、初心者セットに付いてくるような安価な「ネルクロス」です。正直なところ皮脂汚れは取れにくいですし、乾拭きしてもホコリを落とす程度にしかクリーニング効果がないと思います。汚れが落ちにくいので無理にこすって拭き傷がついてしまうなんてことも。1度でも洗濯すると表面がボサボサになってしまうため、フレット磨きや指板のオイルメンテナンスなど汚れがつきやすい用途で使用して、数回使って全体が汚れたら捨てるウェスのような商品です。

次に、マイクロファイバーでできたスウェードのような手触りの「スウェードクロス」も一般的です。こちらは先ほどのネルクロスと違い、皮脂汚れも取れやすく、洗濯耐久性も高いのでギターやウクレレなどの楽器用クリーニングクロスとしては定番で、ネルクロス同様どこの楽器店にも置いてあります。ネルクロスのように繊維が抜けて楽器についてしまうことがないので、ポリッシュやワックスの拭き上げ、指板のオイルメンテナンスなどに使用するのが良いと思います。

スウェードクロスは入手しやすいし使い勝手も良いクロスなのですが、あえてミクロディア エピクロスと比較すると

①繰り返し洗濯すると手触りがゴワゴワと硬くなってくる
②帯電防止加工されていないのでホコリや細かい汚れが楽器側に残りがち
③繊維の毛足が短く生地も薄手であるため拭き取り性能が弱い

強いてあげればこの3点がミクロディア エピクロスに比べて劣っているかなと感じる点です。

次に、天然皮革であるセーム革のクロスです。キョンという鹿の皮を使った「キョンセームクロス」というのが一般的です。動物の皮であることから洗濯機で洗えなかったり、裏表があったり、乾燥しすぎると粉が楽器についたり、扱いにちょっと手間やコツがいります。ちゃんとした品質のキョンセームクロスの場合、使いやすい大判のサイズになると価格も高めです(安価な粗悪品も多く出回っているのでご注意ください)。

そして、当店おすすめのミクロディア エピクロスのクリーニングクロスは、上に挙げた3種類のクリーニングクロスの弱点をすべてクリアしています!

◆◆◆ 5つのおすすめポイント ◆◆◆

①なめらかな手触りのポリエステル100%超極細繊維で楽器に傷をつけない
②取りにくい小さなゴミや頑固な皮脂汚れもしっかりキャッチします
③繰り返し洗濯しても風合いや性能を損なわない洗濯耐性(洗濯機OK)
④ホコリなどが楽器側に残る原因となる静電気を抑制する耐久帯電防止加工
⑤ほどよく厚手の生地が手に馴染み、大切な楽器を優しく包みます

ミクロディア エピクロスはネルクロスやスウェードクロスに比べると少し値段は高くなりますが、クリーニングクロスとしての性能は非常に高く、しかも長く使えるためお買い得だと思います。ウクレレだけでなくギターや管楽器、ピアノの鍵盤など幅広くお使いいただだけます。

指紋のような皮脂汚れがとにかく簡単にキレイになるので、メガネやスマホの画面、カメラの背面液晶などにもご使用いただけます(カメラ用品の世界ではエツミさんが同等商品を販売しています→ ミクロディアエピクロス Lサイズ 税込定価 2,750円)私も、もともとはカメラ用品としてミクロディア エピクロスを買ったのですが、あまりにも使い勝手が良かったので楽器にも使い始めました。

管楽器の世界ではプリマ楽器さんが販売していたり、楽器用のクリーニングクロスとしてもそこそこ有名なミクロディア エピクロスのクリーニングクロスですが、なぜかギターやウクレレの界隈ではあまり知られていないんですよね。(ミクロディアクロスには帯電防止加工がされていない「ミクロディアFSY」という廉価版もあるのでお間違えのないようにご注意ください)

当店で販売しているクロスは価格を抑えるためにあえて自社ロゴなどを入れず、大手よりもお求めやすい販売価格に設定しているので、自信を持っておすすめできます!(ウクレレに限らず楽器全般、メガネやスマホ、カメラ等のクリーニング用にもおすすめです!)35cm×37cmというサイズ感も、大きすぎず、小さすぎないちょうど良いサイズで扱いやすいです。

個人的にウクレレを練習した後の乾拭きには今回ご紹介したクロスの中で最も適していると思っています。楽器のポリッシュやワックス、オイル等の拭き上げにももちろん使用できますが、その場合は乾拭き用と分けて使用することをおすすめします(わかりやすいように色違いで)。

ご自身用にはもちろん、プレゼントにも喜ばれると思います!

カルチベイトウクレレ ミクロディアクロス

材質:ポリエステル100%
製造国:日本

製品説明

ミクロディアはユニチカトレーディング株式会社が開発した超極細繊維を使用したハイテククリーナークロスです。耐久帯電防止加工「エピクロス®E』が施されているので、静電気もシャットアウト。クロスの表も裏も同様に優しい拭き心地で、楽器などのデリケートなものを傷つけることなく、塵やホコリなどの小さなゴミも、指紋などの頑固な油汚れも、キレイに拭き取ることができます。繰り返し洗濯しても性能はほとんど変わることがなく、耐久性にも優れています。

ご使用上のご注意

高温多湿の場所に置いたままにしていると色移りする恐れがありますのでご注意ください。表面に付着しているゴミ等で傷がつく可能性がありますので、ゴミ等を落としてからご使用ください。洗濯の際、初めの数回は色落ちすることがあります。他のものとは分けて洗濯してください。漂白剤・柔軟剤等は使用しないでください。変色・変質の恐れがあります。楽器のお手入れの際、消毒用エタノールとの併用は、色にもよりますが、色落ちの可能性があり、耐久帯電防止加工の性能が低下する可能性があるため、また落ちた染料が楽器に影響を与える可能性もあるため、おすすめいたしません。クロス自体の煮沸消毒も、同様の理由により、おすすめいたしません。

Add to Like via app
  • Reviews

    (6)

  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥1,650 tax included

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品